Webサイト制作|SEM/SEO/LPOとは?

最近Web用語でSEM、SEO、LPO、CMSといった略語をよく耳にします。
また、お客様との会話の中で「SEMとかSEOって、いったい何?」と、よくご質問を頂くことがあります。
ご参考までに簡単にご説明いたします。

1.SEM 【Search Engine Marketing】

SEMとはGoogleなどの「検索エンジンより、自社のWebサイトへの閲覧者を増やすマーケティング手法」をいいます。
SEOやLPOは、このSEMの一部と考えてください。

SEMの具体的な手法としては、
  • SEO(後述)
  • LPO(後述)
  • キーワード連動型広告
  • 有料リスティングサービス
  • Web広告掲載
によるなどの手段があります。

もともと検索エンジンの検索結果ページから自社サイトを訪れる人は、その分野に関心を持っている可能性が高いことが望めます。
そのため「優良な見込み客」と認められることから、検索エンジンを広告媒体として活用するマーケティング活動がSEMです。

2.SEO 【Search Engine Optimization】

「よくあるご質問 -SEM/SEO-」もご参考ください)

「検索エンジン最適化」。
Googleなどの検索エンジン検索結果のページの表示順の上位に、自社のWebサイトが表示されるように、多種多様の対策を講じることをいいます。
また、そのための技術や手法・サービス全体を総称してSEOと呼んでいます。

検索結果順位が上位にある方が、利用者の目につきやすく閲覧者も増えるため、企業などでは検索順位を上げるために様々な試みを行っています。

一方、SEO対策がなされていないWebサイトは、検索結果の上位にランクインすることはほぼ不可能です。
「検索しても表示されないサイト = Web上に存在しないサイト」になってしまいます。
そのため、より多くの閲覧者からのお客様のWebサイトを閲覧して頂くためにも、ある程度のSEO対策は必要と考えております。
(「ある程度」というのは「SEOにどれだけ費用をかけるか」をお客様と相談し、対策します)

SEOの具体的な手法として、
  • 検索用キーワードの適切な選択
  • HTML文書内でのキーワードの適切な使用
  • 検索エンジンが理解しやすい文書構造
  • より多くのサイトからのリンク
などの手段があります。

検索エンジンのランク付けのアルゴリズムは日々進化しており、都度頻繁に修正が行われております。
その度に順位が変動するため「今日上位表示ができたから、明日も上位表示されるだろう」という保証はありません。

cf. SEOスパム
不当な方法を用いて検索エンジンの上位に表示させようとする行為をいいます。
検索結果の整合性を乱すことになり、検索エンジンの利用者が本来探している情報を得ることが困難になってしまうため、悪質な手段とみなされます。

SEOスパムの例としては、
  • リダイレクトページ(検索する利用者を他のページに転送するページ)
  • 隠しテキスト(利用者が見えないテキストを埋め込んで検索にヒットさせる)
  • クローキング
  • リンクファーム
など様々なものが存在します。
最近では人手によるチェックなどで違反行為が発覚すると、検索順位を下げられたり、インデックスから削除されるペナルティがあります。

3.LPO 【Landing Page Optimization】

Webサイト閲覧者が、Web広告など外部からのリンクをクリックした際に最初に表示されるWebページを、「閲覧者が着地するページ」という意味でランディングページ「Landing Pages」と呼びます。

このランディングページを工夫し、閲覧者が会員登録や商品購入など、収益につながる何らかの取引を行う割合・確率(コンバージョンレート)を高める手法をいいます。

ランディングページは、閲覧者がWebサイトに滞在し、商品購入などWebサイトの運営側の収益となる取引を行うかどうかを左右する重要なWebページとされています。
例えば、閲覧者の目的とする情報までの経路が分かりにくいようなランディングページであった場合、閲覧者はそのWebサイトの閲覧をあきらめて去ってしまいます。
ランディングページのリンクメニューや検索機能を充実させ、目的の情報へすぐに辿り着けるようにする、といったことがLPOの代表的な手法として挙げられます。

他にも、訪問した時刻や時期に合わせてランディングページに表示されるメッセージを変化させたり、閲覧者のプロフィールに合わせて個別のランディングページを生成するといったことがLPOの手法として考えられています。

4.CMS 【Contents Management System】

Webコンテンツを構成するテキストや画像、レイアウト情報などを一元的に保存・管理し、サイトを構築したり編集したりするソフトウェアのことです。
広義には、デジタルコンテンツの管理を行うシステムの総称をいいます。

Webサイトを構築するには、テキストや画像を作成するだけでなく、HTMLやCSSなどの言語でレイアウトや装飾を行い、ページ間にリンクを設定するなどの作業も行う必要があります。
これらの要素を分離して、Webサイト構築をソフトウェアで自動的に行うようにしたものがCMSです。

一見便利ではありますが、欠点も多々あります。
  • Webサイトの自由度が低い
  • 同じようなページが多い
そのような理由から、初めてWebサイトを構築してみる、という方にはお勧めできますが、Webサイトで競合企業・店舗との差別化を求める方にはお勧めしておりません。

『ぞーかんぱにー』のSEO対策

「SEO対策し過ぎるWebサイト」を時々に見掛けます。
「一歩間違えればSEOスパムと見なされてしまうのでは?」などと余計な心配もしてしまうこともあります。

「SEO対策し過ぎるWebサイト」というのは、どういうサイトでしょうか?
検索エンジンを意識する余りに、「不自然なページ」「読みにくいページ」になってしまうのです。

同じ言葉(キーワード)が鬱陶しい程頻出したり、何とかしてキーワードを埋め込みたいために、強引に文章を作っていたりします。
確かに検索エンジンは理解してくれるかもしれませんが、肝心な「閲覧者」はどう思うでしょうか?

私達『ぞーかんぱにー』は「SEO対策を第一に考えたWebサイト」は、ご提案いたしません。
第一に考えなければいけないことは、「Web制作コンセプト」で述べました通り「人にシンプルでわかりやすいWebサイト」を概念としております。
SEO対策はあくまでこの概念を崩さないレベルで対策しております。

最後に「最高のSEO対策」について、私達の考えを述べさせて頂きます。
  • 費用を掛けない
  • Webサイトを頻繁に更新する
  • Webサイトを長年維持し続ける
  • 一つのドメインを長く使用する
  • 人が理解しやすいWebサイトにする
検索エンジンの仕様も、これらを満たしているのが良いサイト、と理解してくれることでしょう。


皆様からのお見積りのご依頼・お問い合わせをお待ちしております!